デジタルサイネージの採光ブラインド施工例

デジタルサイネージの採光ブラインド施工例の紹介

S歯科

ミルキー70(ヨコ型)

【採光ブラインド取付け⽅⾓】南東

【目的】宣伝ツールとして利用

デジタルサイネージの導入により、他の歯科医院のと差別化に成功。見る人に楽しんでもらえる歯科医院を目指しました。

Y銀

ミルキー70(タテ型)

リフレクト(タテ型)

【採光ブラインド取付け⽅⾓】南西

【目的】暑さ対策・イルミネーション

2020年のコロナ渦では、ブルーのイルミネーションで医療従事者に感謝と敬意を表現。

H店

ミルキー70(ヨコ型)

ミルキー70(タテ型)

【採光ブラインド取付け⽅⾓】東南

【目的】宣伝

プロジェクターを3台使用しての画像の投影は大きな宣伝効果になり注目度は抜群。

Mコーポレーション

ミルキー70(タテ型)

ハイブリット(ヨコ型)

【採光ブラインド取付け⽅⾓】商店街に面している

【目的】地域の活性化

新社屋の施工に関連した業者は全て地元企業。商店街に面したガラス一面にアカリナ(ミルキー70/タテ型)を設置、夜間はイルミネーションとデジタルサイネージで地域を元気に。

その他の採光ブラインド施⼯例を⾒る

           

その他の業種別導入プラン

施⼯プラン・選定の仕⽅などを業種ごとにご紹介します。導⼊をお考えの⽅は是⾮ご覧ください。