アカリナ[タテ型]掃出し窓

タテ型ブラインド採寸方法(掃出し窓タイプ)

※出窓タイプは別途ご相談ください。

採寸方法をPDFでダウンロード

下記の5項目を確認してください

  1. 製品幅(W)
  2. 製品高さ(H)
  3. 取付高
  4. 納まり形態
  5. 操作側

タテ型ブラインド採寸方法(腰高窓タイプ)

1. 製品幅(W)

窓枠を覆う場合

窓枠の外寸以上でお好みでご指定ください。

窓枠を覆う場合

窓枠内に取り付ける場合

窓枠の内寸より10mm引いた寸法が製品幅となります。

窓枠内に取り付ける場合

窓にたたみしろを残さない場合

特殊な採寸となりますのでご相談ください。

窓にたたみしろを残さない場合

2. 製品高さ(H) 3. 取付高 (横から見た図) ※必ず取付け面の強度を確認してからお取り付ください。

2. 製品高さ(H)

床面から10~20mmマイナスします。
ブラインド開閉時にルーバー(羽)が床面にこすれないように、じゅうたん等の厚みを充分に考慮してください。

窓にたたみしろを残さない場合

3. 取付高

レール取付け位置から床面までの高さを測ります。
取付高に合わせて操作コードの長さが決まります。


カーテンボックスに取り付ける場合

窓にたたみしろを残さない場合

天井に取り付ける場合

窓にたたみしろを残さない場合

4. 納まり形態

納まり形態は次の3種類に分類されます。使い勝手や開口部の形状などをご考慮の上でお選びください。

片開き・右納まり

窓にたたみしろを残さない場合

片開き・左納まり

窓にたたみしろを残さない場合

両開き・両納まり

窓にたたみしろを残さない場合

5. 操作側

右操作

窓にたたみしろを残さない場合

左操作

窓にたたみしろを残さない場合