アカリナの特長|採光ブラインド・カーテン・フィルム・クロス|株式会社あかりカンパニー

AKARINA

アカリナの特長

採光ブラインド「アカリナ」は、製品の仕様・保証内容やサービスの違いで法人用と個人用がございます。
法人用のアカリナは、AKARINA contract( アカリナ コントラクト、以下「アカリナC」という)です。

採光
Lighting
アカリナCの透過・拡散型スラット(はね)が眩しい光を遮り、明るくやさしい光を上下左右に広げます。スラットを閉じた状態でも室内を明るく保つブラインドです。
遮熱
Thermal barrier
アカリナCのスラットは、従来の金属製ブラインドと異なり、太陽光の影響を受けにくい特殊樹脂製。温度上昇の要因となる輻射熱が少ないので窓際も快適。エアコン効率が上がり、節電できます。
長寿命
Long life
薄膜技術を応用して作られた、高耐久・高耐光のスラットは折れにくく、長期間にわたり美しい状態を保てます。帯電防止加工でホコリが付きにくく、お手入れも簡単です。
環境
Environment
アカリナCは照明とエアコンの効率を高め、電力を削減します。製造段階でのCO2排出量は金属製スラットより少なく、高耐久で長期的に使用できるため、ゴミとして廃棄される量を削減出来ます。

アカリナ コントラクトは全6種類

アカリナCは、用途や方角より5種類のスラット(はね)からお選びいただけます。
さらに、2種類のスラットを組み合わせて1台のブラインドを製作するオーダーメイド型ブラインド、アカリナC ハイブリッドがございます。

ミルキー70
可視光線を61.9%採り込みます。
アカリナCで最も明るいブラインド。
採光
遮熱
ミルキー70について
ミルキー50
可視光線を41.8%採り込みます。
閉めても明るいブラインド。
採光
遮熱
ミルキー50について
eco35
可視光線を30.6%採り込みます。
再生材料を85%以上使用。
採光
遮熱
eco35について
きなり
可視光線を34.2%採り込みます。
因州和紙100%使用。
採光
遮熱
きなりについて
リフレクト
日射反射率84.6%※
輻射熱が発生しません。
※ヨコ型の数値
採光
遮熱
リフレクトについて
ハイブリッド
オーダーメイド型ブラインド。
暗い、暑い、両方解決します。
採光
遮熱
ハイブリッドについて
採光:光を透過して明るくする。
遮熱:光を反射して温度上昇を防ぐ、この2つの割合をグラフ化したものです。

アカリナCは周辺環境や窓の方角、目的や用途に合わせてお選びいただけます。
弊社の担当者と打ち合わせ後、最適なプランをご提案させていただきます。

オフィスへの使用例の図オフィスへの使用例の図

1採光

どうして光が拡散するの?

光が広がる秘密はスラット(はね)にあります。新たに開発した新素材のスラットにより、太陽の直射光を透過・拡散します。窓全体で拡散させるので部屋の奥まで明るくなり、日中に使用する照明を減らせます。ムラや影を作らない、柔らかな光で作業効率もアップします。日本古来の文化・知恵である障子の機能を進化させました。

導光イメージ

直射光は直線的で影ができやすく、
ギラギラとした「眩しさ」を感じます

直射光を透過し、拡散光に変換します
上下左右に、明るくやさしい光が広がります

アカリナ コントラクトを付けた室内

① 直射光は上から下に降り注ぐため、天井は暗くなります
② 窓は明るいですが、周辺は暗くなっています
③ ソファの座面が暗くて見えません

直射光を透過し、拡散光に変換します
上下左右に、明るくやさしい光が広がります

2遮熱

どうして暑くないの?

室温を上げる要因の1つとして、窓面の輻射熱があります。輻射熱とは空気に影響されずに伝わる熱の事です。例えば焚き火、床暖房、薪ストーブの熱などがあります。直射光によってブラインドが温められ、その熱が室内に向かって放出される事で、室温を上昇させる原因となっています。
従来の金属製ブラインドはスラットの熱伝導率が高く、窓全体がパネルヒーターのようになります。
スラットに熱が溜まり輻射熱を発生させるためで、窓際の体感温度は3〜4℃高くなります。
アカリナCのスラットは熱を持ちにくい樹脂製スラットのため、輻射熱がほとんど発生しません。
そのため窓際も快適で、室内奥との温度差を最小限に抑えます。
エアコン効率がアップし、消費電力の削減に繋がります。

日射熱取得率が0.17ηA(イータ エー)

室内に入る日射量 ÷ 外皮等面積 = 日射熱取得率(ηA値)


平成23年度建築基準整備促進事業、開口部の日射侵入率等熱特性に関する調査を参考にしています

窓が大きく開放的な室内は、遮熱対策が重要になります。遮熱性能を示す日射熱取得率は、太陽光の室内への取込みやすさを表しています。主に窓に求められる性能の数値で、室内に入り込む日射量を外皮等面積で割った値です。数値が小さいほど日射熱の侵入を防ぐことが出来ます。アカリナC リフレクト ヨコ型は日射熱取得率が0.17ηA※(イータエー)というかなり低い値で、室内の温度上昇を防ぎ、エアコンの負荷を抑えます。
※2022年7月 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 福井試験センターの試験結果

ペリメーターゾーンとインテリアゾーン

ペリメーターゾーンは、窓からの輻射熱や対流熱の影響を激しく受け、高温・低温になりやすいのが特徴です。従来の金属製ブラインドはスラットの熱伝導率が高く、外気の影響を受けてしまいます。ガラスを多用した建築物の場合、ペリメーターゾーンは特に高温になります。インテリアゾーンは快適であっても高温になった空気が干渉し、快適性は失われます。
採光ブラインド アカリナCは輻射熱がほとんど発生しない樹脂製スラット。そのためペリメーターゾーンとインテリアゾーンの温度差を最小限に抑えます。

3長寿命

アカリナCの特殊樹脂製スラットは高耐久・高耐光で、プラスチックの中で最高の衝撃耐性を持ちます。折れにくく、長期間にわたり美しい状態を保てます。風に強く、換気のために窓を開けた状態でブラインドの使用が可能です。帯電防止加工でホコリが付きにくく、日常のお手入れも簡単です。
スラットの洗浄やメンテナンス頻度が減るため快適に、長くお使いいただけます。
アカリナCは従来のブラインドの概念を変える、新しいブラインドです。

4環境

アカリナCは照明とエアコンの効率を高め、消費電力を削減します。
一般的な金属製ブラインドは折れ易く、静電気が発生しやすいため汚れが付着し、スラットの交換・メンテナンスの頻度が高くなります。
アカリナC製造時のCO2排出量は金属製スラットより少なく、高耐久で長期的に使用できるため、ゴミとして廃棄される量を削減出来ます。そのため「環境配慮型ブラインド」としても注目されています。

まだある、アカリナCの特長

紫外線をしっかりカット

太陽光には目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線があります。紫外線は、その中で最も波長の短い光で、波長によってUV-A、UV-B、UV-Cに分けられますが、UV-Cは大気層で吸収されて地表には届きません。アカリナCは、窓を通して入ってくる有害な紫外線UV-A、日焼けや皮膚がんの原因となるUV-Bのどちらもしっかりカットしますので、窓際でも安心です。インテリアや商品などの退色・変色を防ぎます。UVカット機能が付いていない窓ガラスでも、アカリナCで紫外線対策が可能です。

軽量

金属製ブラインドより軽いため操作性が良く、操作時の音も静かです。

防炎

(公財)日本防炎協会の防炎認証取得済み。
火をつけても燃え広がらない自己消火機能あり。 ※きなりを除く

安全

柔らかな樹脂素材なので、通常の使用においてケガの心配がありません。

遮像

夜間、室内照明を点けても外から室内は透けて見えません。
プライバシー、セキュリティー対策になります。