リフレクト|採光ブラインド・カーテン・フィルム・クロス|株式会社あかりカンパニー

Reflect

リフレクト

節電するブラインド

「窓際は暑いのに、窓から離れた場所は寒い」「大きな窓で明るすぎる」「モニターへの映り込みが気になる」などオフィスの環境は様々です。採光ブラインド アカリナ コントラクト(以下「アカリナC」という) リフレクトは、高い遮熱性能と反射拡散性能で、このような問題を解決します。特に日差しの強い窓、西面の窓におすすめです。

熱の元、近赤外線を大幅にブロック


平成23年度建築基準整備促進事業、開口部の日射侵入率等熱特性に関する調査を参考にしています。

窓が大きく開放的な室内は、遮熱対策が重要になります。 アカリナC リフレクト ヨコ型は、日射熱取得率※1 が0.17ηA※2 (イータエー)。この数値が低いほど室内の温度上昇を防ぎ、室温を一定に保とうとするエアコンの負荷を抑えます。

※1 日射熱取得率とは、窓ガラスに「入射した日射量」に対する「透過した日射量」および窓ガラスの割合「入射した日射熱が室内側に放出される熱量」を示します。
※2 2022年7月 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 福井試験センターの試験結果

窓際も快適

試験概要:投光機による照射を行い、開始より4時間後の表面温度を測定
試験機関:一般社団法人 日本繊維製品品質技術センター 福井試験センター
試験日:2015年11月11日

従来の金属製ブラインドはスラットの熱伝導率が高く、窓全体がパネルヒーターのようになります。
スラットに熱が溜まり輻射熱を発生させるためで、窓際の体感温度は3〜4℃高くなります。
アカリナCのスラットは熱を持たない樹脂製スラットのため、輻射熱が発生しません。そのため窓際も快適で、室内奥との温度差を最小限に抑えます。
エアコン効率がアップし、消費電力の削減に繋がります。
仮にエアコンの設定温度を1℃高く設定すると、消費電力を10〜13%削減※3 出来ます。

※3 政府推奨の28℃を基準として、設定温度を29℃にした場合。環境省HP参照

ペリメーターゾーンとインテリアゾーン

紫外線をしっかりカット

アカリナC リフレクトは、窓を通して入ってくる有害な紫外線(UV-A)や日焼けや皮膚がんの原因となる(UV-B)を99.9%※4 カット。窓際でも安心です。お肌の日焼け、インテリアや商品などの退色・変色を防ぎます。UVカット機能が付いていない窓ガラスでも、アカリナCで紫外線対策が可能です。

※4 2022年7月 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 福井試験センターの試験結果

アカリナ コントラクト ラインナップ

AKARINA contract Lineup
ミルキー70
可視光線を61.9%採り込みます。
アカリナCで最も明るいブラインド。
採光
遮熱
ミルキー70について
ミルキー50
可視光線を41.8%採り込みます。
閉めても明るいブラインド。
採光
遮熱
ミルキー50について
eco35
可視光線を30.6%採り込みます。
再生材料を85%以上使用。
採光
遮熱
eco35について
きなり
可視光線を34.2%採り込みます。
因州和紙100%使用。
採光
遮熱
きなりについて
リフレクト
日射反射率84.6%※
輻射熱が発生しません。
※ヨコ型の数値
採光
遮熱
リフレクトについて
ハイブリッド
オーダーメイド型ブラインド。
暗い、暑い、両方解決します。
採光
遮熱
ハイブリッドについて
採光:光を透過して明るくする。
遮熱:光を反射して温度上昇を防ぐ、この2つの割合をグラフ化したものです。

アカリナCは周辺環境や窓の方角、目的や用途に合わせてお選びいただけます。
弊社の担当者と打ち合わせ後、最適なプランをご提案させていただきます。